糖尿病・代謝

西淀病院 診療科・部門【診療のご案内】

糖尿病・代謝

診療内容・特色

 糖尿病の入院治療では、教育、診断、血糖コントロール、合併症評価、インスリン導入、足病変治療(フットケア)、透析導入に至るまで、幅広い治療を行っています。1泊2日血糖ターゲス入院では、血糖の日内変動、腎機能評価、栄養指導、ビデオ教育などを行い今後の治療方針を立てます。また、教育入院では、糖尿病について、食事、薬物、運動、日常生活について、担当看護師を中心に個別の教育を行っています。最近では地域との連携に注目し、退院後も患者様に継続治療していただけるよう病院診療所が連携を行い学習交流会も行っています。
 糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病は薬の内服やインスリン使用だけでよくなる病気ではありません。個々の生活スタイルを見直していく必要があります。食生活や労働内容、時間に合わせた指導を行っています。ひとつでも学びを得て自宅で頑張っていただくように、患者様を中心に医師、看護師、栄養士、薬剤師が力を合わせたチーム医療を行っています。
 今後は生活習慣病の治療と予防の拠点となり、糖尿病を持ちながらも患者様自身が病気と向き合い、合併症を予防し、幸せな生活が送っていただけるようなお手伝いをしたいと思っています。

担当医師紹介

副院長 結城 由恵

資格・所属学会等
・日本内科学会総合内科専門医
・日本内科学会認定内科専門医
・日本糖尿病学会専門医

医師 村瀬 明世

資格・所属学会等
・日本内科学会認定内科医 

・日本内科学会総合内科専門医

・日本糖尿病学会糖尿病専門医

医師 上田 真意子

資格・所属学会等

・日本内科学会認定内科医

PAGE TOP