整形外科

西淀病院 診療科・部門【診療のご案内】

整形外科

診療内容・特色

 現在、当科では標準化された手術に加えて、先進的な最小侵襲手術を積極的に導入して、日々進化する整形外科の技術を提供できるように努力しております。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に対しては、保存的療法が効果ない方には、手術顕微鏡下にヘルニア摘出術(MD法)、除圧術(MILD法)を施行しておりますが、いずれも小皮切(小さい皮膚切開)で筋肉や骨のダメージを最小限にしますので、痛みが少なくより早期に離床・退院することが可能になりました。膝関節、肩関節疾患に対しては、関節鏡(内視鏡)下手術に取り組んでおります。肩関節痛はいわゆる五十肩が多いのですが、肩腱板断裂の場合もあります。保存的療法で改善する場合もたくさんありますが、断裂部の痛みが続く場合は関節鏡視下に断裂部をつなぎます。より新しい最小侵襲手術の技術を習得するため、国内各施設での研修にも積極的に取り組んでおります。

 膝関節、股関節、その他の関節の変形性関節症や関節リウマチに対しても先ず保存的療法を施行しますが、痛みがとれない場合は、人工関節手術を施行しております。人工関節手術においても、より進んだ技術を提供できるように最先端の研修に取り組んでおります。

 整形外科疾患のうち、緊急を要する外傷、腫瘍、小児整形外科等はより専門性のある施設への受診をお勧めします。

担当医師紹介

渡邊 知

医師 渡邊 知

寺澤 榮一

医師 寺澤 榮一

資格・所属学会等
・整形外科専門医
・日本整形外科学会リウマチ認定医

PAGE TOP