西淀病院看護部のトップページに戻る

HOME > メッセージ

メッセージ

先輩ナースから

学ぶことが多く、やりがいを感じています。

私が看護師になろうと思ったきっかけは、母が入院したときに優しく接してくれた看護師を見て、「自分もあんな風になりたい」と思い看護学校を受験しました。

実習は辛かったですが、そこを乗り越え看護師として働いていることに誇りを感じています。回復期リハビリ病棟は医師だけではなく、介護福祉士、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーなど、多職種でそれぞれの専門性を活かし、共に患者さんを診ていくことができる病棟です。大変なこともありますが、患者さんが笑顔で回復していく姿やご家族からの感謝の言葉を受けると自分自身も元気になれます。

3階病棟
主任
林 純子

チーム一丸となって医療・介護にとりくんでいます。

私は看護学生時代に西淀病院で実習を行い、当時の実習指導者さんや受け持った患者さんから多くのことを学びました。疾患と症状のことを看るだけでなく患者さん一人ひとりの生活背景や歴史を踏まえて関わっている姿に感銘を受け、この病院で働きたいと思いました。

実際に看護師となって大変な職業だと思うこともありました。しかし、職場の雰囲気もよく、丁寧に指導していただいたおかげで、ここまでやってくることができました。西淀病院でみなさんと働けることを楽しみにしています。

4階病棟
松木 裕介

今年度、プリセプターになり指導者という立場で新人看護師と関わる中で「人に教えること」の難しさや責任を感じています。毎月の振り返りの中で「出来たこと」「今後の課題」などその月にどれだけのことを経験したか、また患者様との関わりの中で看護師として何を学ぶことが出来たのかを把握し、日を追うごとに看護師として成長しているプリセプティーを見てとても嬉しく思います。また、指導者として関わることで自分自身も初心に返って振り返ることで、学びになっている部分も大きいです。プリセプティーの成長を見守りながら自分自身も指導者として、看護師として成長していきたいと思います。

5階病棟
実地指導者
辻子 まい

まだまだ未熟ですが、とても充実していて楽しいです。

私が、京都から大阪の西淀病院を選んだ理由は、新人教育に力を入れており、また、インターンシップでも暖かく迎えて下さったのでここで働くことを決意しました。勉強することの多い毎日ですが、常に目標を持ち学びの多い日々を過ごしています。病棟全体で新人をサポートしていただける環境なので、プリセプターさんをはじめ、先輩方にご指導していただき、新人にとって働きやすい環境だと思います。

知識・技術はまだまだですが、患者様に寄り添える看護ができるよう経験を積んでいきたいです。

6階病棟 新人看護師
田中 ちなみ