臨床工学科

西淀病院 診療科・部門【部門】

臨床工学科

臨床工学技士とは…

 厚生労働大臣の免許を受けて「医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者」であり、言わば医療機器の専門職です。
 当院では、2012年8月現在7名の臨床工学技士(透析技術認定士7名:呼吸療法認定士4名)で、血液浄化業務、医療機器管理業務を行っています。

血液浄化業務

 血液透析をはじめ、血漿交換、エンドトキシン吸着療法、白血球吸着療法(LCAP)などの血液浄化療法や、腹水ろ過濃縮再静注法も行っています。
 また、透析液作成用水を作る機器(RO装置)に熱水消毒タイプを導入しており、安全できれいな水から透析液を作製し、患者さまに供給できるよう努めております。
 毎月、透析液及び透析液作成システムに至るまで、細菌検査とエンドトキシン濃度を測定し管理しています。

医療機器管理業務

 人工呼吸器や輸液ポンプ、シリンジポンプをはじめとした院内の主要な医療機器を一元管理し日常的な点検など医療機器に関連した幅広いサービスを行っています。
 安全な医療機器を安心して使用していただくための研修会なども開催しています。

PAGE TOP