リハビリテーション科

西淀病院 診療科・部門【部門】

リハビリテーション科

リハビリ科ブログ
リハビリテーション科からのお知らせなど

リハビリテーション・スタッフ

 リハビリテーション(rehabilitation)という言葉は、re(再び)+habilis(適した、ふさわしい)+ation(状態にすること)から構成されていて「再び適した状態にすること」を意味しており、つまり、その方の目標に向かって行われる全ての活動がリハビリテーションなのです。
 西淀病院では、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)を中心に、医師、看護師、ケアワーカー、ケースワーカーが連携し、チーム一丸となって患者様の機能回復、日常生活の自立を図っています。

理学療法士(PT)

 病気や事故、寝たきりなどによって身体が不自由になった人々に対して、身体能力を評価し、運動を行ったり、物理的な手段(温熱、冷却など)を併用しなが ら機能回復とともに、「できなかったことができる」「動きやすく、やりやすくなった」といった喜びを感じながら実際の日常生活動作が改善することを目指し て治療を行います。また、ご家族へ介助方法のアドバイスを行ったり、生活環境調整(家屋評価)なども行います。

作業療法士(OT)

 身体が不自由になった人々の能力を引き出すまたは活用するという点ではほぼ理学療法士と同じです。異なる点では、高次脳機能障害、精神機能障害などを主 として対象とします。また、起きる・立つ・歩くなどの基本動作よりも日常に即した家事、排泄、更衣、整容、書字などのADL(日常生活動作)拡大に向けて 治療を行い、種々の自助具作成、生活環境調整(家屋評価)なども行います。

言語聴覚士(ST)

 失語症や構音障害などによるコミュニケーション障害のほか、嚥下障害や顔面神経麻痺に対しても治療を行います。必要に応じて、精密検査(バリウムを用いた嚥下検査)を行い食事形態や介助方法などを詳しく説明しています。

PAGE TOP