健康ひとくちメモ

身体を動かし、ロコモを防ごう!

2021/03/01

 新型コロナウイルス流行下、外出を控えられる人が増え、外来でも運動不足になったという声をお聞きします。さらに、寒い時期には動きたくなくなってしまう人も…最近足腰が痛い、ちょっとした動作でも疲れるなど、心あたりはありませんか?そんなあなたはもしかしたら、ロコモ予備軍かもしれません。

 ロコモとはロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略称で、長時間じっとしていると、立ったり座ったり、歩くことがつらくなる状態を指します。放っておくと、要介護、寝たきりになる可能性があります。ロコモは、高齢化や運動不足によって、足腰の筋力やバランス力が低下して起こります。

 ロコモを防ぐためにも、30分から1時間程度の軽い散歩を日常的に心掛け、家の中でもできる範囲で身体を動かしましょう。椅子やテーブルに手をかけても構わないのでスクワットや片足立ち、足踏みなど、自分の身体の状態や体調に合わせて安全に行いましょう。

7547_s

西淀病院 内科医師 岩本 督徳

PAGE TOP