健康ひとくちメモ

コロナワクチン接種について

2021/05/01

 ワクチン接種の目的は「かからない」「重症化しない」「人にうつさない」というものです。アナフィラキシーやその他の副反応が話題になってますが、ひとたび感染すれば70歳以上の1割以上が重症化するのです。

 急性感染症にかかっている方、ワクチン成分にアレルギーのある方など受けることができない方以外は、高齢者ほど打った方が良いと思います。集団予防接種会場や医療機関などでの個別予防接種では、アナフィラキシーなどに充分に備えてますので、それほど心配しなくて良いと思います。

 ただ、ワクチンを打ったからといって、以前のような生活が送れるようになるのは更に先になります。集団の中で免疫を持つ人が、60%(変異株の場合感染力が強く75%)以上にならないとコロナは収まらないと言われてます。収まるまでは、ワクチンを打った後もマスクをつけての外出や多人数での会食自粛などは必要と思われます。

 我々医療機関としては、ワクチン接種希望者全員にできるだけ速やかにワクチンが接種出来るように頑張りたいと思います。

7566_s

 

 

 

のざと診療所 所長 赤路 英世

PAGE TOP