医療の質(QI)

医療の質(QI)

QI(Quality Indicator)とは、医療の質を測る指標のことで、標準医療が実施されている度合いを数値で表す(見える化)取り組みです。自分たちの医療活動を、QIを通して経時的に見たり、他の医療機関と比べたりすることで客観的に評価します。さらに、病院として有用と思われる指標を設定し評価・改善に取り組むこと(PDCAサイクルを回す)を目標としています。
全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)は、2010年から「医療の質の向上・公開推進事業」を開始しました。当院でも2011年からこの取り組みに参加しています。

指標49)救急車受け入れ割合

【指標の意義】
 救急車受け入れ割合は、救急隊からの搬送の要請に対して、どれだけの救急車の受け入れが出来たかを示す指標で、各病院の救急診療を評価する指標となります。地域医療への貢献を示す指標にもなります。

西淀病院の基本方針には「内科二次救急受け入れ医療機関として、急性期医療の充実をめざす」と明記しています。また、2021年度病院方針にも救急応需率(受け入れ割合と同意)90%を目標に掲げています。地域を意識したまなざしを持って、地域の救急要請に応えていきます。

PAGE TOP